« 彼女の瞳はキレイです(30) | トップページ | 彼女の瞳はキレイです(32) »

2007年2月24日 (土)

彼女の瞳はキレイです(31)

高橋に、一緒に夕食を食べないかと言うと、喜びながら「うん」と言った。

食堂に行くと、中村がいたので、二人きりと思っていたのか、落胆していた。

「中村、高橋連れて来たよ。」

「うん」

「高橋、座って。」

「うん」

二人とも複雑な表情をしていたが、お互いには見せないようにしていた。

「お腹減ったね。」

「うん」

「中村は昨日寝れた?」

中村のいつもの表情が少し崩れた。私がワザと

「どうしたの?」

と聞くと、表情を戻し

「なんでもないよ。昨日はよく寝れたよ。」

と言った。高橋を見ると表情はいつものままだったが、瞳は嫉妬の目をしていた。

私はこの三人での会話に少し興奮を覚えていた。

                           -to be continued -

私の小説を良いと思った方はクリックしてください、お願いします。

人気blogランキングへ

|

« 彼女の瞳はキレイです(30) | トップページ | 彼女の瞳はキレイです(32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125309/5476327

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女の瞳はキレイです(31):

« 彼女の瞳はキレイです(30) | トップページ | 彼女の瞳はキレイです(32) »